kurakenyaのつれづれ日記

ヘタレ リバタリアン 進化心理学 経済学

オミクロンはインフルエンザ

こんにちは。

 

オミクロン株が流行っている。オミクロンは重症化率も低いし、死亡率は10分の1らしいので、もはやインフルエンザだ。一般にウイルスは弱毒化の進化をする。ウイルスが伝染るためには、患者に動き回ってもらって、多くの人と接触してもらう、つまり弱毒化したほうが、増殖に有利だからだ。

 

さて、共通テスト監督の帰りがけに、たまたま昨日NHK日曜討論を聞く機会があった。自民党などの保守政党は、経済への配慮を重視しつつあるようだが、新選組共産党などの左派は、人命(老人の命)を重視して、徹底的な対策を望むようだ。当然か、、、

 

経済を止めれば、困窮層が自殺するという問題がある。東大の仲田泰祐さんの研究などを見ると、すでに(病死者が、病気がなかったら生きたはずの余命)=(自殺者の生きたはずの余命)というほどになっている。病死者は老人が圧倒的なのに対して、3000人ほどの自殺者の多くは30,40までの女性が多いからだ。

 

 

これだけを見ても、コロナの死者を減らすために経済的な活動制限をするというのが、もはや非人道的であることがわかる。なぜ、サービス業で働く若い社会的弱者をこれからもいじめるのか?? そんなに老人の命が大切なのか? 

 

これに対して左派の主張は、「所得補償をもっと充実させろ」というものだが、それは無理筋というもの。以前と同じ所得を保証するというが、それを政府が行うのはあまりに非効率であり、財政破綻(とそれによるインフレ)が近づくだけでなく、だんだんと変化するはずの経済活動の変化を無視することになる。

 

この2年間にゾンビ企業はもっと増えているはずで、それは結局近い将来での破産倒産を増やすだろう。政府が企業を保護することで、経済全体が非効率になっているからだ。

 

どう考えても、インフルと同じ5類にするだけのことだと思うが、、、メディアや左派の皆さんは、生活へのくだらない国家干渉が好きすぎるんだな。。小池さんなんかの現場に近い人の方がまともな対策を提案しているのに、、、

 

news.yahoo.co.jp

_

 

アイドル文化は全盛だ

こんにちは。

 

久しぶりにちょっと書いてみるか。。。

 

江戸時代の日本人の9割が農民だった。90%が食糧生産に従事していたのだが、それだけの生産性しかなかったから仕方がない。現在、先進国の農業従事者は3%ほどだ。長期的にはもっと低下するだろう。

 

人間が食べるものを得るのに2%の労働力しか必要ないのなら、残りは必然的になにか別の材やサービスの生産者になる。所得弾力性に関しては、明らかにエンタメが圧倒的な支出になるんだろう。

 

例えば、100人のうち98人が農業以外の何かをする。それは、プロの野球やサッカー選手、オリンピック選手などのアスリート、あるいはYoutuberなどのエンターテイナー、あるいはアイドルなどの芸能人になるのだろう。

 

先日友人に誘われて「ラブライブ サンシャイン」の声優たちのコンサートに行く予定だったが、ちょっとした都合で行けなくなってしまった。今またYoutubeを見ると、アニメだけでなく、声優が歌い踊るコンサートも大人気だ。

 


www.youtube.com

 

古典的な学者が大好きな意味では、こうした活動は無価値なんだろう。ラブライブだろうが、アイマスウマ娘、坂道アイドルだろうが、確かに何の必要性もない。それは間違いない。

 


www.youtube.com

 

だが結局 人間というのは自分が欲しいものに対して消費支出をするだけだ。それがインテリや政府指導者の趣味でなくても、そういう社会にならざるを得ないということなのだろう。

 

_

 

日本アイン・ランド協会

こんにちは。

 

お久しぶりです。なんか、いつもヒマなのに、ブログも更新してなくてすいませんです、はい。

 

さて、今日は友人に誘われて日本アイン・ランド協会の会合にオンラインで参加した。もう『肩をすくめるアトラス』の訳者の脇坂あゆみさん、宮崎哲弥さんなどが参加していて、ランドの貨幣観、インフレ観について、皆さんとざっくばらんに話せたのは楽しかった。

 

 

さてこれとは関係ないんだが、最近の報告としては、ハイエクの『隷従への道』のリーダーズ・ダイジェスト版の翻訳をしている。1945年頃にアメリカにハイエクが旅行した時に、その講演が大人気だったことはよく知られている。でも、ほとんどのアメリカ人は実際には『隷従への道』は読んでなくて、このリーダーズ・ダイジェスト版を読んだだけで、ハイエクのファンになっていたらしいといわれている、有名な縮約版だ。(日本税制協議会を主催している内山優さんから話をもらって頑張っている。)

 

それにしても、ハイエクの英語は読みにくい。。。彼のドイツ語的な思考から来るのか、あるいは知性の高さからなのか、とにかく時間がかかります。

 

ということで、これからもユルユルやります、、、m(_ _)m

 

_

 

ディーラーマンは要らない

こんにちは。

 

今日なんでか、夜の2時に目が覚めたので、ちょっと思ったことを一服。

 

そもそも日本の生命保険というのは怪しい。生保レディが、いろいろな活動をしすぎていて、ほとんどネットワークビジネスっぽくなっていた。税制優遇がなければ、到底成り立っていないような保険内容がある。

 

また、子供の教育資金を貯めるという、奇妙なやつもある。

 

さて、自動車の販売ネットワークと、ディーラーの販売の営業さんが生保レディと同じであることは言うまでもない。そんなのを止めて、直接にメーカーが売ったほうが、遥かに利益率が上がる時代が来たのだ。 トヨタみたいな大きなところは、シガラミがあるので、テスラやGMみたいに変化できない。


 

この時代に、これまでの自動車産業の従事者のあり方を守るとか称して、大きく変化することに抵抗することのほうがよっぽど大きなリスクだと思うんだが、、、間違いなく、水素燃料でエンジン燃焼なんて、間違いなのない行き止まり技術みたいなことやっている時間はないと思うよ!!

_

日本人の美徳=貧困

こんにちは。

 

小中学校の先生に、10年に一度、大学の講義を受講して、教員資格をブラッシュアップしなければならないという、教員免許更新の制度がある。これは単なるクソ。

 

大学の講義なんて、教育の実践で役立つはずないし、優秀な教員は本能なり、経験なりで、もうどうすれば望ましい教育方法になるのかは良くわかっている。大学なんで、何のノウハウも持ってない!

 

結局、教員は無駄金を払い、無意味な大学の講義を聞いて、児童教育の時間をなくしている。完全に逆効果!! ついになるなるという。

 

良かったーーー!

 

結局、常に日本人は「ダメなやつをクビにできないで、形だけの研修を受けさせて、お茶を濁す」という発想と活動から抜け出すことができていない。何という、ムダ、、、それだけじゃなくて、この場合は、なんという子どもたちの不幸!!

 

一般企業でもそうだが、日本人は「頑張れば、努力すれば、それで良い。能力が変わらなくても、仕方がない」という組織に属しているものに“やさしい”態度になりがちだ。

 

それが、日本の低成長とトンデモナイ非効率を生み出していることは、誰も語らない、、、Alas!!

 

_

 

日本でも知能は低下しているだろう

こんにちは。

 

現代社会では、知的に劣った人間のほうが多くの子供を残しているので、ヒト集団の知能は急速に低下している。このことを書いたのが、ボクの最近の翻訳書である

 

知能低下の人類史: 忍び寄る現代文明クライシス

 

まずは、産業革命から急速にイギリスで知能が低下していることについては、

 

次に、ここ60年間のアイスランドでは、教育年数(大体IQと0.6,―0,7ほどの相関)の遺伝子スコアが下がりつつあることについては、

 

ということで、日本でもこれは疑いなく起こっているはず。なので、実は本の後書きとして、

 

「本書には、日本での知能低下を取り巻く状況については記載されていない。しかし国立社会保障・人口問題研究所による「出生動向基本調査」には、「妻の最終学歴別にみた完結出生児数」という項目がある[i]

一例として第15回調査(2015年)をみると、妻の最終学歴が中卒、高卒、短大・専門学校、大学以上を見ると、それぞれ2.25、1.98、1.89、1.89となっている。過去9回のデータを見渡しても、一貫した傾向として学歴が低いほうが多くの子供を残している。また内閣府男女共同参画局の資料を見ると、平成22年における生涯未婚率は、それぞれ15.5%、8.6%、9.8%、12.8%であり、(平成22年の中卒女性を例外として)高学歴の女性ほど結婚もしていない。これもまた過去30年以上、一貫した傾向である[ii]。一般に教育が結婚を遅らせ、かつ自立できる経済力を与えてくれるからだろう。

 とはいえ、男性の場合、高学歴・高収入であるほど生涯未婚率が低下するので、配偶者である男性の存在は、遺伝子劣化の傾向を弱めているはずだ。これを含めた変化の全貌を理解するには、日本でもイギリスやアイスランドのような大規模な研究が必要である。」

 

と書いた部分があった。しかし、これを書いた後に(当然ながら)いろいろな悶着が起こってしまい、この部分は削除して出版した。でも、これはバカらしいほど当然の事実だと思うので、日本でも遺伝子データを隠さないで、公開してもらいたい!! 

 

まあ、そんなことできるわけないか、、、

 

_

 

[i] 国立社会保障・人口問題研究所『第15回出生動向調査』www.ipss.go.jp/ps-doukou/doukou15/report15html/NSF15R_html07.html

[ii] 男女共同参画局、生涯未婚率の推移www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h25/zentai/html/zuhyo/01-00-20.html

70すぎて外国行くだろか??

「ゼロで死ね」の続き。(ちなみにこの本はローレンス・コトリコフという有名な経済学者が推薦文を書いている。彼は「世代間会計」の考案者であり、ボクはちょうど30年前に彼の本を翻訳したいと申し出たことがある。が、すでに版権は取られていて、その後、『世代の経済学』として翻訳された。)

 

DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール

 

さて本題に戻って、著者ビル・パーキンスは、20代で経済的に成功してお祖母さんに100万円送った。しかし、彼女はそれを自分に対する50ドルほどのセーターの代金として使っただけで、残りは使わずに逝ってしまった。歳を取ると、欲しい物もなくなり、買い物をしなくなる。つまり、金の価値が次第に下がるのだ。

 

これは本当に間違いないと思う。自分も、かつてもっと若かったときには、あれこれの物欲があった。最近は、そうした物欲は急速に衰えてきて、自分でも驚いている。(まあ、物欲が続いていれば、退職もしなかったように思うが、、、)

 

それとは似たような話として、パーキンスは、歳を取るとスポーツを始めとしていろいろな活動を楽しめなくなるという。彼が指摘しているように、(アメリカン)フットボールは当然だが、長距離の旅行でさえも、時差や環境の変化への対応が難しくなって、楽しめなくなってくる。これはボク自身も、はっきりと認識している変化だ。若い時に可能だった1週間でのアメリカ旅行、ヨーロッパ旅行は、もうとてもじゃないという感じだ。

 

昔から時差ボケなどには悩まされてきた。しかし、どうしても行きたいところ、したいことがあるから、それを我慢してもあちこちと移動することもできた。とはいえ現時点でさえ、外国に行くのが限界だと感じているのだから、これから60代では???、、さらに70代になって外国に行くことは絶対にないだろう。

 

同じような話だが、昔はいろいろなクルマに乗り、いろいろなコンピュータに触れることが大好きだったが、今は買う変えないという金銭問題を考える前に、そもそもの興味がなくなってしまった。というか、すべてが面倒くさく感じるようになった来た、、、こっ これは、かなりヤバいなぁ。

 

つまり、(もちろん個人差はあるが、)金でできることが、これからは急速に減少するということ。これは老化という現象から生じる普遍的な法則だから、そのへんをよく理解して、トットと有意義な人生の思い出をつくることにしましょう!!

_