kurakenyaのつれづれ日記

ヘタレ リバタリアン 進化心理学 経済学

ヒッタイトはドナウ川経由だった

こんにちは。

 

多分 僕は多くの日本人よりも印欧語族の歴史について興味があって、英語版のウィキや、ヨーロッパ人の遺伝子の本を読んできた。で、この本を読んでよくわかったことがあるので、報告したい。

 

馬・車輪・言語(上) (単行本)

馬・車輪・言語(上) (単行本)

 

 

印欧語族とは、馬を家畜化して、車輪をもつカート、戦車としてチャリオットを作った人たちで、紀元前3500年から2500年ほどに、今のウクライナの草原にいたと考えられている。

 

それと、僕が高校生だった35年前には、古代エジプトと争ったアナトリア高原を基盤とするヒッタイト人は語族が不明だとか書かれていた。周りはセム・ハム語族がほとんどだから、当然といえば当然なのかもしれないが、今では彼らが印欧語族であったことは広く当然視されている。

 

で、今日知ったのは、ヒッタイトが移動した経路。これまで、なんとなく、いまのジョージアアルメニアコーカサス山脈をこえてイランから、アナトリアに入ったんだ(東経路)と思っていた。が、そうではなくて、彼らはまずルーマニアからドナウ川に移動して、それからトロイなどを含む国会南岸、さらにアナトリア(西経路)へと入っていったのだった。

 

そうだったのかあ。。。コーカサスって、たしかにやたらと険しいもんな。

 

ところで、前にも書いたが、人間集団の自然言語がある種の一体性をもてるのは、せいぜいが1000年ほどだと考えられている。(現代の日本人だって、枕草子は、もう直接には理解できない。)その短い間に、ヨーロッパから北インドまで移民して、大征服を実現したなんて、彼らは何がそんなにすぐれていたのか? 

 

 

20世紀は、単に「馬+戦車」がすごかったから、というような説が支配的だったようだが、今の僕は乳糖耐性説に帰依している。生のミルクが飲めれば、発酵させてチーズやヨーグルトにするよりも、2,3割以上効率よくカロリー摂取が可能になる。これが戦士の増産に絶対的に有利だったことは間違いないからだ。

 

馬の飼育や車輪の利用などの文化的な要素と違って、乳糖耐性は、そもそも遺伝的な要素であり、絶対にマネができない。それが決定的な違いになったのじゃないのか?

 

著者のアンソニーは気候変動的な要素を加えているし、それもあったかもしれない。それでも、どうにも現代の文化論的な影響が大きすぎるように感じる。

 

 

 

 

バーやキャバレーは

こんにちは。

 

今日はイオンのスタバにて読書をしていたが、モールにほとんど客がいない!! 行き帰りのドライブでは、サクラが満開なのに、見る人もいないし、そもそも誰も歩いていない。なるほど、本当に自粛をしているということか。

 

さて今日のニュースを聞いていたら、死者が5万人という。この数字は大量にも思われるが、、、、例えば、この一ヶ月で10万人が死んだとしよう。年間世界では1億人が死んでいるから、この一ヶ月には(テキトーに)1000万人が死んでいる。ウーン、100人に一人というのが、そんなに怖いんだろうか??

 

しかし 人が考えるのは、こうした合理的な計算ではない。もっとイメージが重要な役割を果たしているし、それ以上に、食事以外の自粛できるような活動は、バーもキャバクラもソープも、そもそも何の必要性がない。

 

世の中の産業のほとんどすべては、生命の維持には必要ではないから、一時的には大きな需給ギャップ = かなりの生産性ショックは不可避。大不況はしかたがないということか。。。。

 

 

再配達なんてムダの典型

こんにちは。

 

そういえば、昔からフシギに感じていたことは、ヤマト運輸が人手不足でも、「置き配」を標準にしないで、再配達が当然視されていること。アメリカでは置き配が(昔から)普通で、新聞でも郵便でも、宅配ダンボールでも、家のドアの前においてあった。特に問題が起こっているという話も聞いたことがない。

 

この置き配は良いよという話をすると、「誰かが取るんじゃないの?」という人がよくいた。 そんなの心配し過ぎだよ! だいたい人の欲しいものを取ったって、役に立たないし、転売できる程度。そういったレアケースを前提にして、「キチンと」受け取りたいなら、むしろ受け取る人が再配達のエクストラコストを負担すれば良い。 この人手不足に時代に、なんで再配達の制度を当然死してきたのか?? 

 

ところで先月から、アマゾンが置き配を標準にするという通知をうけて、さっそくいろいろと利用した。メッチャ便利!!

 

 

さてさてこのコロナ危機で、置き配に賛成していなかった人も、急に「人に会わない」で受け取りたい、と感じたのか、置き配を急に認めはじめたようだ。

 

そもそもハンコ文化を含めて、日本の「キチンと」というものの多くは、とんでもなく能率が悪いわりには、まったく意味がない。宅配ボックスなんかにまでハンコをつける場所があるのは笑止千万!! こうしたムダが、先進国仲裁低レベルの日本の生産性の低さを支えているのだ。なんで 置き配程度の当たり前のことが これまでできなかったのか??

 

 

フシギ フシギ。

 

 

ダウンは暖かいものだが、、

こんにちは。

 

さて世の中の話題と逆行して、元気に行きましょう。

 

なんか昔からフシギに思っていたことの一つは、「なぜ 高級ブランドはダウンを使うのか?」というもの。少し前に流行ったモンクレールにしても、最近のカナダグースにしても、どうやらダウンこそが最高の防寒素材だということらしいです。(もちろんダウンの布団も軽いし、温かいということで大人気です。)

 

これを否定したいというほどはなくて、実際に「40億年の進化の結果としての羽毛は、現実的な断熱素材として最高である」、というのは不可能ではないかもと思っていました。実際、The North Faceのやたらと分厚いも持っていて時々着てもいます。しかし、あまり外での仕事のないボクには、分厚いこともあって、それほどありがたみが感じられませんでした。

 

さて、こうした疑問などもあって、以前から宇宙断熱素材であるエアロゲルには注目していました。先日 この素材でアウターを作るというクラウドファンディングが昨年から実現しているを知って、遅ればせながら参加してみました。

 

 

 

ダウンをこえる断熱というのは興味深いです。着てみて良かったら、また今年の12月頃には使用感を報告します。

 

さてダウンを取るために大分たくさんのグースが飼育されているようです。グースというのは肉も美味しいので、ダウンの需要がなくなっても飼育され続けると思います。これは牛などの皮革が、肉に比べると10%にしかならないとの同じでしょう。

 

でも最近は多くのハイブランドで毛皮は取り扱うのを止めています。ステラ・マッカートニーから始まって、プラダやグッチなどがreal furは使わない宣言をしています。こうした動物の権利運動も高まっているのかと思います。そういえば、30年ほど前には、銀座にエンバというミンクやフォックスなどの毛皮専門店がありましたが、今ではなくなったようです。大学時代に友人と、「あれはグリーンピースからテロを受けるんじゃないの?」と話していたことが思い出されます。

 

ともかくも、エアロゲルが本物ならぜひともそのスゴさを見てみたいものです。4センチのダウンと3ミリのエアロゲルが同じ断熱性を持つなら、これからは住宅にも使えるだろうし、未来はより住みよいものになりそう。

 

大いに期待してます。

 

_

 

 

バカらしい政治家のウソ

こんにちは。

 

十数年前、小泉首相の時代、竹中平蔵大臣が、「郵政民営化の意義を説明し」に知多半島にやってきた。当時の、ちょっとした付き合いで、それを聴きにいったことがある。

 

彼は「ネットワークの利点を活かせば、十分に郵便局網は維持できる」みたいなことを言っていたが、それは経済学者の視点からは??? だった。  まあ 政治活動というのは、「白いものが黒い」と言いくるめる必要があるのはよくわかった。

 

www.itmedia.co.jp

 

こうした詐欺活動の必然性も生まれたし、郵便局ネットワークはムダに大きいままに維持されているので、縮小するしかないのも自明だ。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

もちろんネットの時代にハガキが60円で配れるはずないだろ! 民間の保険も銀行もあるのに、それは無理に決まってるから、ハガキは200円にするとか、あるいはかなりの部分を政府からの補助金にするしかないのは、2005年の時点でも自明だ。

 

なんで、そういう現実を説明できないのか? 地方へのバラマキと老人へのおもねり、そうした政治活動というものは、本当にどうしようもない。

 

_

 

 

ポイント集めないバカ!

続き。

 

たまには経済学者らしいことを。(これって前にも書いているけど、興味深いので繰り返し。)

 

ボクは昔持っていたTカードも、ジジイになってめんどくなったので、捨ててしまった。

 

telling.asahi.com

 

ポイント集めないバカ=ボクは、かなり損をしているという認識は当然に正しい。さて、この「損失」を分析するために以下の2つの事例を検討しよう。

 

1.ポイントを集めていないボクが、ローソンでTポイント分の10%を余計に払う

 

2.みかんを10個買ったが、時間がたってしまって1個が腐ったので捨てた

 

1と2はボクにとっては同じ10%の損失だから、社会的に見ても同じことのように感じるかもしれない。でも1の場合には、ボクは10%損をしたが、同じだけローソンの会社は得をしているから、ボクがローソンに寄付をしたのと同じだ。

 

2の場合には、みかんは腐ったので、ただのゴミになってしまった。ボクは10%損をして、誰も得をしない。つまり本当に資源が10%失われた。

 

ということで、社会全体では2のほうは純損失があるが、1の場合には損失はない。別にボクがローソンに寄付をする必然性もないので、まあ個人としては損ではあるのだが、、、

 

実はさらに問題は深い。

 

ポイントを集めるためには、(自動で集まる場合以外は)ポイントカードを提示・処理する必要があって、それは店員にとっては労働であり、ボクにとってもカードを持っていることを覚えて提示するという、認知資源・労働資源の損失になる。結局、ポイントは企業から見て消費者の囲い込みには役立つのだろうが、社会全体で見ると、単なる活動のムダだ。

 

ということで、企業がポイントを発行したり、客がそれを集めたりするのは、長期的な一般均衡的の視点からは、どれだけか(テキトーに言えば1%ほどか)の損失を生み出している。

 

ということで、言い訳するなら、ポイントを集めないバカは、実は社会的には「良いこと」をしているのだ。フシギでしょ?? でも そうなんだよね。 

 

こうした分析がおもしろいと思った大学生(いないだろ)は、ぜひとも経済学者になってもらいたい!

 

 

 

小銭は面倒なので、、、

こんにちは。

 

なんとかPayはアプリを立ち上げる必要があるので、ただスマホを出すだけのSuicaのほうが手っ取り早い。ということで面倒くさがりのおじさんは、一般にFelicaの使用を好むんじゃないかと思う。究極面倒くさがりなので、もうポイントも何一つ持っていない。

 

www.itmedia.co.jp

 

この2,3年はできるだけSuicaを使っている(2万円を超えたらクレジットカード)ので、ほとんど現金は使わない。とはいえ、大学の売店や自販機のようにインバウンドなんて関係なし、現金しか扱っていないっている場合もあるので、時々はおつりもらうことになる。

 

自分の場合、小銭を盲導犬協会に寄付をすることが多かったが、ここで計算してみよう。通勤経路上にある募金箱は覚えているので、週に2,3回は硬貨を入れるとしよう。Max年間200回x500円(1円から999円の期待的中間値)=10万円。今後30年生きるとすると、最大で300万円を寄付することになる。

 

どうせ退職したら、急速に活動量が下がるので、このペースには届かないだろう。まあテキトーに実践してみたい。

 

_