kurakenyaのつれづれ日記

ヘタレ リバタリアン 進化心理学 経済学

ヒッタイトはドナウ川経由だった

こんにちは。 多分 僕は多くの日本人よりも印欧語族の歴史について興味があって、英語版のウィキや、ヨーロッパ人の遺伝子の本を読んできた。で、この本を読んでよくわかったことがあるので、報告したい。 馬・車輪・言語(上) (単行本) 作者:アンソニー,デ…

バーやキャバレーは

こんにちは。 今日はイオンのスタバにて読書をしていたが、モールにほとんど客がいない!! 行き帰りのドライブでは、サクラが満開なのに、見る人もいないし、そもそも誰も歩いていない。なるほど、本当に自粛をしているということか。 さて今日のニュースを…

再配達なんてムダの典型

こんにちは。 そういえば、昔からフシギに感じていたことは、ヤマト運輸が人手不足でも、「置き配」を標準にしないで、再配達が当然視されていること。アメリカでは置き配が(昔から)普通で、新聞でも郵便でも、宅配ダンボールでも、家のドアの前においてあ…

ダウンは暖かいものだが、、

こんにちは。 さて世の中の話題と逆行して、元気に行きましょう。 なんか昔からフシギに思っていたことの一つは、「なぜ 高級ブランドはダウンを使うのか?」というもの。少し前に流行ったモンクレールにしても、最近のカナダグースにしても、どうやらダウン…

バカらしい政治家のウソ

こんにちは。 十数年前、小泉首相の時代、竹中平蔵大臣が、「郵政民営化の意義を説明し」に知多半島にやってきた。当時の、ちょっとした付き合いで、それを聴きにいったことがある。 彼は「ネットワークの利点を活かせば、十分に郵便局網は維持できる」みた…

ポイント集めないバカ!

続き。 たまには経済学者らしいことを。(これって前にも書いているけど、興味深いので繰り返し。) ボクは昔持っていたTカードも、ジジイになってめんどくなったので、捨ててしまった。 telling.asahi.com ポイント集めないバカ=ボクは、かなり損をしてい…

小銭は面倒なので、、、

こんにちは。 なんとかPayはアプリを立ち上げる必要があるので、ただスマホを出すだけのSuicaのほうが手っ取り早い。ということで面倒くさがりのおじさんは、一般にFelicaの使用を好むんじゃないかと思う。究極面倒くさがりなので、もうポイントも何一つ持っ…

面合わせのムダ

コロナ経済危機の感想の続き。 まず、この2,3年、テレワーク、リモートワークが急に話題になってきたのには、いくつもの理由があったと思います。「日本の生産性を他のOECD諸国並みに上げるためには、無駄な面合わせでしかない会議を減らすべき」、「意識…

不要不急の活動

こんにちは。 大学でも卒業式も入学式、オリエンテーションもなくなり、集会的なものは全部取りやめ、さらには今年の留学プログラムも保留検討中となりました。どれも大学教育において不可欠とは言えないからです。 ところで、政府は不要不急の外出・活動は…

あと2年なら

こんにちは。 今日も無意味に新幹線に揺られてブラブラと東京へ。 自分が50代になれば、親とおじおばの世代は80代になるわけで、当然 いろいろな問題が生まれます。 今日はおじさんが先月から人工透析をし始めたと聞きました。で、平均余命を見ると、2年とい…

夏より長い春休み

こんにちは。 学校がすべて休みになったということで、自宅学習をすることになっている。うちでも、子供の塾も休みということで、代わりにyoutubeで公開授業をしている。 こういうことになると、おそらく学力格差が開くことになるのは当然だ。もともとヤル気…

K/T → K/Pg

こんにちは。 先日のポストでは、K/T境界と書いてしまいましたが、今はK/Pg境界と呼ばれています。こうしたところで、ボクの歳がバレてしまうんでしょうね。 同じような話はたくさんあって、例えば、コンピューターと書くか、コンピュータか?? また入試問…

コロナウイルスから大恐慌

こんにちは。 ごく一般論になってしまうが、ある数値から別の数値へと変化するときには、一定速度で均質な変化が起こっていると考えがちだ。例えば、1700年と1800年の違いを体感している人はいないので、生活の変化や意識の変化は緩やかに起こったん…

ETFのGAFA

こんにちは。 もう一つ「ラディカル・マーケット」からの話題。 ボクはいつも入門経済学の授業では、「S&P500のインデックスETFを買い続けて、老後に備えろ」と言い続けている。帰国してから25年は言い続けているはず。 さてインデックス投資への流れはアメ…

QV quadratic voting

こんにちは。 先日 紹介した「ラディカル・マーケット」のまた別の章では、投票権を一人一票から改めて、特定の問題などへの傾斜配分を許すべきだと主張されている。Quadratic Voting(QV)とは、例えば持ち点が10点であるなら、その9点分を投票すれば1点…

2010年代

こんにちは。 長年使っていたKabu.comという会社がau Kabu.comになったらしくて、やたらと頻繁に変な広告を打ってくる。三菱UFJの子会社だった頃は、銀行といった感じで、それほど投資セミナーなんかの連絡をしてこなかったから、急激に変化したということか…

資産課税

こんにちは。 税金を取るには、所得というフローにかけるものと、資産というストックにかけるものが考えられる。この時代に入って、資産格差がとんでもなく大きくなってきたために、所得ではなくて、資産に課税するという発想が高まってきたのだろう。 エリ…

ダイレクトメールは資源のムダ

こんにちは。 日本の銀行がダメダメだって話はよく書かれています。 www.sbbit.jp 実感レベルでもバカらしいことが多々あります。三菱UGJを使っているボクのところには、よくカードローン優待プログラムのダイレクトメールが送られてきます、なんでだろ?? …

コロナウイルス深刻なのか??

こんにちは。 なんか新しいコロナウイルスが中国でとかの話題が多いようだが、どうもボクのような疑い深い人間は、こうした話題がマスコミのバカ騒ぎなんじゃないか? と思ってしまう。 中国人が1000人死んだとしても、そもそも中国ではこの2ヶ月で少な…

近所のスタバ ナウ

学期の合間は、特に時間があるので、スタバにいることが多い。というか、実感レベルでは、もう自分の部屋といった感じだ。比較的に近い距離には3つの店があるが、今日は一番近い郊外一軒家の店にやってきて、本を読んだり、メールを書いたり、ウェブを見た…

鬼滅の刃 見てみました

こんにちは。 ついに2019年度の授業もすべて終わって、ちょっとした時間ができました。で、書店を歩いていたら第19巻が発売されて、なんでも今大人気だという「鬼滅の刃」。ということで、アマゾンにやってきたアニメの「鬼滅の刃」を見てみました。 …

中産階級の死(2)

そういえば、20年ほど前に、ある同僚と話をした。 彼はプロ・スケーターになれるかどうか、というところでスケートを止めたという。結局、彼は大学院に進んで、大学教員になった。プロのアスリートというのは芸能人やミュージシャンと同じで、売れると立地…

中産階級の死

こんにちは。 大学時代からクルマが好きだったが、昔はもっと国産車の中型のクルマ、例えばコロナやブルーバード、アコードやカムリなんかが売れていたし、話題にもなっていた。 今や 田舎で必需品としては軽自動車が売上台数としては40%を占めていて、そ…

楽天は見にくいぞ!

こんにちは。 楽天というサイトは検索エンジンが使えないのと、サイトのデザインがグチャグチャしていて商品が見にくいので、できるだけ使わないようにしている。 news.yahoo.co.jp で、送料無料は消費者としては結構なのだが、加盟店との軋轢が生じているの…

ブルシット・ジョブ

こんにちは。 最近 流行りの言葉はブルシット・ジョブ、bullshit job。まあ「クソ仕事」とでも訳されるほどの、無意味でどうでも良くて、くだらない仕事。 Bullshit Jobs: A Theory (English Edition) 作者:David Graeber 出版社/メーカー: Simon & Schuster…

限界費用が下がっても

こんにちは。 歳を取ることの良い点は、これまでの人生が長いので、おおよその主張には過去に出会って免疫があること。同じですが、悪い点も、出会ったアイデアが多いので、驚きや興奮を感じなくなってしまうこと。 僕が大学生の時代には、もうトフラーが「…

アルコール課税

こんにちは。 なぜ特定の消費財であるアルコール飲料に酒税が課せられるのかといえば、単に税を取りやすいから、というほどの理由でしょう。担税力とか言われてますね。 アルコールが身体に悪いので、その消費は抑制されるべきという、公衆衛生的な理由から…

統覚の超越論的存在論w

こんにちは。 このところ、ちょっとした用事があって、久しぶりにいくつか哲学的・思弁的な著作を手にとってみた。まずはベストセラーの「なぜ世界は存在しないのか」 なぜ世界は存在しないのか (講談社選書メチエ) 作者:マルクス・ガブリエル 出版社/メーカ…

フィットネスジムに経営者は多いのか?

こんにちは。 今日、何気にヤフーなんかを読んでいました。で、なんにでも遺伝要因というのは関係していますが、所得の説明についても環境よりは遺伝的な要素が大きいことについて、慶応大学の安藤さんが書いていました。安藤先生は、東京の双子研究会を主催…

”容疑者”の長期勾留

こんにちは。 カルロス・ゴーンが逃亡したというのは、まったくもって驚きのニュースだ。さて、彼が日本から脱出したことへの評価はいろいろあるようだが、どうやら普通の日本人は 「これはトンデもないことだ。犯罪者が逃亡したのだから、責任者を追求する…